現金を使わない決済は便利|POSシステムを取り入れてライバル会社に打ち勝とう
男性

POSシステムを取り入れてライバル会社に打ち勝とう

現金を使わない決済は便利

クレジットカード

現金の管理が不要

事業を行う上で備品等の仕入れや顧客から受け取る料金を現金で行っている場合は、現金の管理が大変になります。しかしクレジット決済をする場合は、登録されている口座から引き落としになるので現金管理の手間がありません。現金でやりとりしていると現金を管理する手間がかかるだけでなく、現金の紛失や盗難などのリスクが出てくるのでリスクを回避するという意味でも有効です。事業の内容にもよりますが、小売店で顧客が直接店頭に来るような事業ではない場合は、顧客が代引きでの支払いや振り込みでの支払いではなく、クレジット決済を希望するケースが多い事もあります。その為にクレジットカード決済を導入する事は、顧客の満足度を高める事にもなります。

収支が簡単に把握できる

事業を行う場合に収支をしっかり把握しておく事は重要な事です。しかし、支払いを現金で行う場合、現金を出入りをその時に記録しておかなくては後で用途がわからない費用が出てしまう事があります。クレジットカード決済を利用して支払いをする事で、後からでもクレジットカード決済の記録を確認できるので用途が不明な支出を出さずに済みます。帳簿をつける際にもクレジットカード決済を使えば簡単になるので、作業をする人員も最小限で済みますし、作業時間の効率化が行えます。また顧客にとっても事業を行う会社にとってもクレジット決済を使う事で、振り込み手数料や代引き手数料がかからないので顧客はより安く物やサービスを得られますし、企業も経費を削減できます。